宅配クリーニングせんたく屋太郎の規約 | 三重県津市のクリーニング屋

集荷依頼はこちら
店舗紹介
クリーニング料金表
クリーニング利用方法
クリーニング工程
染み抜き技術
クリーニング規約
クリーニング質問と答え
レビュー
会社概要

せんたく屋太郎ブログ

ツイッター

フェイスブック
 
HOME > 規 約
規 約



宅配クリーニング利用規約

当社のサービスを安心してご利用いただくために

第1条 利用者登録

当社のご利用者は、もれなく利用者登録を行って頂きます。

*会員情報に変更があった場合は速やかにお知らせ願います(名前・住所・電話・メールアドレス・等)


第2条 利用資格

(1) 常時何らかの方法で連絡が取れる方(電話・携帯・メール・等)

(2) 当サイトのご利用規約に従ってご利用出来る方

(3) 当サイトの賠償基準を予め了承出来る方

(4) 日本国内在住の方


第3条 利用方法とお断り

(1) サービス提供地域について
サービスを提供出来る地域は日本国内のみです。

(2) 注文について
注文はインターネット・電話・FAX・携帯モバイルで受け付けいたします。
直接お送り頂いても結構です。

(3)集荷・納品について
衣類の集荷・納品には指定宅配業者を使用いたします
ヤマト運輸指定業者以外はご利用できません。
送料については別表にてご確認ください。コチラ

(4)料金について

クリーニング料金については別表にてご確認願います。コチラ
パック商品については、指定数量を超えた分に関しては、1点当たり¥1,000(税込)をご請求いたします。
パック商品については指定数量に満たない場合でも、お申込み頂いた商品の料金を頂きます。
衣類集荷後のプラン変更には応じられません。

(5)配送料金について
送料については別表にてご確認ください。コチラ

(6)集荷・納品の日時変更について
集荷日時の変更、納品日の変更は、電話でのみ対応いたします。
*ご希望に添えない場合がございます。

(7)納期について
荷物が到着後、最短6営業日でお届けします。
納期の指定は集荷予定日より8日後〜30日の範囲でご指定ください。
*気象状況や交通事情などの不測の事態、他の理由で納期が遅れご希望に添えない場合がございます。
*ご利用については、期間に余裕をお持ちください。

(8)クリーニングについて
*クリーニングする前に検品を行います。不備がある場合は当社で記録し把握します。また、検品の結果については、
当社が必要と判断した以外には基本的にお知らせいたしません。
*衣類の点数が合わないなど、事前に不明な点や確認したい事がある場合は、メールや電話で連絡させて頂く事がございます。
*衣類の状態によっては、クリーニングせずに返品させて頂く事があります。
パック商品については申込み頂いた商品の料金を満額頂きます。

(9)クリーニングの方法について
ドライクリーニングや水洗いなど、衣類に応じた最適な方法を当社が選択してクリーニングを実施します

(10)納品について
納品に使用する宅配BOXは、仕上がり品がシワにならないように大きめのBOXを使用し細心の注意を施しますが、
宅配便を利用する性質上、シワや型崩れが生じる可能性がございますので予めご了承願います。
ただし衣類の組み合わせによっては、宅配BOXに収まり切らない事が稀にございます。
その場合はやむを得ず、別のBOXに分けた状態でお届けさせて頂く事がございますので予めご了承ください
(収まらない分に関しては別途送料お客様にご負担頂きます)。
納品された衣類は、到着後、直ちに状態及び点数をご確認ください。
*地域や状況、商品によってはご希望通り対応できない場合があります。
お客様の都合、又は何らかの理由により納品出来ない場合は、当該お預かり品は預託扱いとなります。
その場合別途保管料を頂きます(時価:公序良俗に反しない程度)。
納品のために発送した荷物が当社の運営する工場へ荷戻りとなり、再納品となった場合、再発送の送料
(荷戻り時の料金含む)をお支払ください(送料着払い)
再納品の時、特にご指示がない場合、再仕上げはいたしません
荷戻りより半年が経過しても連絡が取れない場合、品質の保証(補償)はできません。
また廃棄処分の対象となりますのでご注意ください。
お届け場所の変更には応じられない場合がございます。
品質保証(補償)の対象となる衣類は未着用で当社が付けたタグが付いたものに限ります。

(11)再洗い・仕上げについて
万一、仕上がり品にお気付きの点がございましたら、衣類到着より2週間以内にお申し出ください。
衣類到着後2週間以上経過した場合は、対応をしかねます。
対象となる衣類は未着用で当社が付けたタグが付いたものに限ります。
*再洗い・再仕上げの場合、往復送料・梱包費用を客様にご負担頂く事がございます。

(12)キャンセルについて
衣類が工場入荷後にキャンセルのお申し出があった場合のみキャンセル扱いとさせて頂きます。
クリーニング工程に入ってからのキャンセルは出来ませんのでご注意ください
キャンセルは電話でのみ対応させていただきます。
*キャンセルになった場合、送料は全てお客様のご負担となります。

(13)衣類の返品について
以下の場合、クリーニングをお取扱いできませんのでご注意ください。また該当する衣類はクリーニングせずに、
返送、又は、他の仕上がり品と一緒にご返送いたします。

1.皮革品
2.布団・毛布・寝具類(自社便は取り扱い可能)
3.下着・肌着類
4.カーペット
5.帽子・ドレスなど型崩れしやすいもの(自社便は取り扱い可能)
6.濡れた状態の衣類(カビや悪臭の発生する恐れのあるもの)
7.嘔吐物・汚物が付着したもの
8.ペットが使用したもの
9.オムツ
10.劣化が激しいもの(破れ・キズ・プリントの剥がれ・等クリーニングする事で状態が更に悪化する恐れがあるもの)
11.カーテン
12.ブランド等のコピー商品
13.その他、当社がクリーニング出来ないと判断したもの
14.着物
*管理の都合上、パック商品の一部アイテムのみを別でお返しする事はできませんのでご注意ください。
パック商品については、当該する衣類が含まれている場合でも、満額料金をいただきます
単品(1点)でご利用頂き、当社が取扱い出来ないと判断し、やむを得ず返品させて頂く場合は、大変申し訳ありませんが、
往復送料をお客様がご負担願います。
2点以上ご利用の場合は仕上がり品と一緒に返送させて頂きます。
*その他、状況によっては送料をご負担いただく場合がございます。

(14)その他
ご利用前に、ポケットの中を十分に点検してください。受付後、お忘れ物が見つかった場合、
当社で有用性があると判断したもののみお返しします。
当社の判断による廃棄、返品、無用品に起因する責には応じられません。
ほころび、キズ、穴などは、クリーニング工程で変化する事があります。
スーツなど、上下セットの衣類は必ず一緒にお出しください。染色の状態によっては
クリーニングする事で色合いが変化する場合があります。
また絹製品などは染色堅牢度の誤差から色味に差異が生じる場合がございます。
クリーニングを実施した時には確認出来なかった染みが(付着後間もない汗や透明な飲料など)原因で、
保管後、時間の経過と共に浮き出たり、衣類の染色を損なう事がございます。
そのような場合は染みの種類や付着状況をなるべく事前にお知らせください。
染みが付着後、早めに適切な処理をする事が、トラブル回避に繋がります。
家庭洗濯や不適切なクリーニングをされ、縮み、色抜け、風合変化、等が生じ、事故品となった衣類は
完全に修復できません。また、これら事故後の衣類を当社に預けてから起きるお申し出には対応しかねます。
飾りボタンや装飾品は外してからご依頼ください。
これらはクリーニング出来ないものも多く、衣類に付いている品質表示でクリーニング可能となっている場合でも、
不備が生じる事があります。従ってこれらの紛失、欠損については補償の対象外となります。
納品後は受領点数の確認を直ちに行ってください。お渡し後の点数相違のお申し出はお受け出来ません。
クリーニング品識別タグの取り付け位置については、出来る限り衣類に傷がつかないように配慮いたしますが、
やむを得ず品質表示ラベルにホチキスを用いて取り付けたり、安全ピンを用いて衣類に直接取り付ける場合が
ございますので予めご了承願います。
お客様の衣類は全て番号タグで管理しております。タグの取り外し後や取扱いの不正が見受けられた場合の
お問い合わせには応じる事が出来ません。尚、ハンガーや包装資材等に付いている補助タグにはこれらの
効力はありません。
お電話で大声をあげたり、メール等で脅迫的な文章を送りつけるなど、当社(関係者も含む)に対して恐怖感を
与えたと思われる行為が見受けられた場合、暴力団関係者の判定を得る事なく、当社の判断で110番通報、
もしくは担当機関に相談させていただく場合があります。
納品後に、個人の感性や感覚部分等に関するお申し出があった場合、再洗い・仕上げを1度に限り、
保障期間内であれば無料でお受けさせていただきます。但し番号タグ付衣類に限らせて頂きます。
また、常識的な範囲(当社主観)を超える無理な御要望には対応しかねますのでご了承ください。
*往復送料、梱包費用を客様にご負担願う事がございます。

第4条 賠償制度
補償期間はお届け日より2週間です。万一、弊社に過失があった場合は、当社規定事故賠償基準に基づき対応させていただきます。また、責任者判定を行うため に、繊維製品における専門機関の鑑定もしくは繊維製品品質管理士の鑑定などを利用した場合、責任の所在が使用者もしくは製造者(メーカー)などと判明した 場合、その過失割合に応じた鑑定料を実費でご請求させていただきます。
責任所在の断定をする事が難しい場合においては、弊社では問題解決に直結する形を目 指す理由から、着用に耐えうる状態での商品の納品を最優先しています。

第5条 事故原因の所在
事故原因の所在を以下の3つに大別します。
@ 加工業者の作業方法に過失がある場合
A 製造者側の企画・製造に過失がある場合
B お客様の着用(使用)時、及び保管時に過失がある場合
事故賠償制度(クリーニング事故賠償基準)が適用されるのは@のクリーニング方法に過失があるとみなされた場合に限ります。
なお、クリーニング事故原因の決定は繊維製品検査所等の鑑定に基づくものといたします。

第6条 賠償範囲
弊社が事故賠償の責に応じられるのは次に示す第5条@の内容です。
@クリーニング洗浄による損傷 
A染み抜き工程による損傷 
Bプレス仕上げによる損傷
C不明及び紛失 
Dその他の原因による損傷につきましては、繊維製品における専門機関の所見、もしくは繊維製品品質管理士の所見による判断に基づくものとします。

第7条 賠償対象外
次に示す第5条ABの原因所在に関しましては、賠償の責に応じかねます。
(1) 製造者(メーカー)の企画・製造等に過失がある場合
@経年劣化及び変化の著しい素材で企画。製造された商品(ポリウレタン加工等)
A染色堅牢度の弱い素材で企画・製造された商品
B接着方法に問題がある素材・接着剤で組み合わされ企画・製造された商品
C熱セット性が弱い生地で企画・製造された商品(プリーツ加工・シワ加工等)
Dクリーニング方法が全く異なる素材で組み合わされ企画・製造された商品
E組成表示や洗濯表示に誤記が見受けられる商品
F責任者の名称と連絡先の表示がない商品
G通常の使用に耐えられない素材で企画・製造された商品
H縫製撚糸の弱い商品によるほつれやほころび
I通常のクリーニングに耐えない素材で企画・製造された商品(洗濯表示が全て不可表記された商品・スパンコール・刺繍・ビーズ・プリント剥離・装飾品の破損・ボタンの欠落及び破損を含む)
Jその他、企画製造等に起因する事項

(2)使用者の使用方法及び保管方法等に過失がある場合
@化学薬品等による変退色や脱色が見受けられる商品(整髪料・パーマ液・洗剤・漂白剤・バッテリー液・排気ガス等の付着によるもの)
A組成表示・洗濯表示・表示責任者タグ(メーカータグ)のいずれかが欠落した商品
B経年劣化及び変化によるもの
C使用者保管中の損傷
Dボタンの欠落及び破損
E着用時に発生した破れ・ほつれ・糸引き等
F汗や日光、照明による変退色や脱色
Gその他これらに類する使用者による事故

第8条 賠償条件
第6条に基づく賠償条件は以下の通りです
@ 当該商品お届け後2週間以内に判明したものとします。もしくは、当社が事故扱いと認めた場合に限ります。
*2週間以上経過したものは事故賠償制度の対象外となりますのでご注意ください

A 補償時に必要となります商品購入価格については、購入時の領収書・レシートを必要とします。それらが紛失、またはお手元にない場合については、商品製造年 月日を基準としたメーカー調査を行い、当時の参考価格を元に購入価格を決定させていただきます。メーカーと連絡が取れない、または商品の確認が取れない場 合については都度協議の上、決定させていただきます。

B 時価を超えての補償、商品への付加価値には応じる事ができません。

C 当該損害弁償品の返却は、事故賠償基準に基づき対応いたします。

D 購入価格が一点10万円を超す商品の補償は、事故賠償基準に基づき対応させていただきますが、商品購入価格を最高5万円を限度として算出させていただきます。

E メーカーが製造責任(製品の欠陥により消費者が生命・身体・財産に損害を被った場合、製造者などに賠償責任を負わせる事。PL法)に任ずるように、お客様に代わって事故賠償交渉を弊社が行う場合もございます。

F お客様の着用時(使用時)に原因があると判断された事故については、事故賠償制度の対象外となりますのでご注意ください。

G 外国で購入された商品・偽造品・並行輸入品につきましては、いかなる事故におきましても補償対象外とさせていただきます。

H お預かりした衣類は事故賠償制度に準じて同意されたものといたします。

第9条 免責事項について
以下の場合は免責とさせて頂きますので、予めご了承ください。

@台風・地震などの自然災害による事故又は破損

A運送時に発生した事故又は破損

B主観的価値による無形的損害賠償や精神的慰謝料

C当社側に故意の過失があった場合は民法の規定による

Dインポート商品など、文化の違いによる事故についての賠償も、時価の範囲を超えない

E事故賠償制度は、全損(本体が使用に耐えられないと判断)した時のみ適用される(サービスの結果に満足が得られない場合についての保証(補償)制度ではありません)

第10条 規約内容の変
本規約は、事前の通知をすることなく、本規約の内容または名称を変更する事がございます。この場合の利用条件は商品お預かり時点の規約によります。規約内容の変更にあたっては、その旨を広く周知する努力をするものとします。

第11条 協議事項
本 規約・事故賠償基準に記載無き事項及び本規約の条項の解釈につき疑義を生じた事項については、お客様と弊社において相互信頼の精神に基づき、協議の上、穏 やかに解決を計るものとさせていただきますが、二者間において問題解決が難しいと判断させていただいた場合は、中立公正な第三者機関にお客様にも仲裁申し 出をお願いする場合がございます。



第12条 事故賠償基準
万一、弊社に過失があった場合は、全国クリーニング生活衛生同業組合連合会規定「クリ―ニング事故賠償基準」に準拠した当社賠償基準に基づきます。

第13条 取引のお断
当社は、お客様が次の各号の一に該当する場合、何らの催告も要する事無く、お客様との契約を解除させていただきます。また、お客様の当社の利用、当社の建物及び敷地(駐車場等一切の付属施設を含む)への立ち入りを禁止します。
また、商品販売その他一切の取引をお断りいたします。また当方の判断で110番通報、もしくは担当機関に相談させていただく場合がございます。
@ お客様が暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、団体またはその関係者、その他、反社会勢力である場合、もしくはお取引開始後にそれらが判明した場合。
A 他のお客様に対して迷惑、不安感、不快感を与える場合。
B お客様が当社に対し、暴力的な行為をおこなったり、合理的範囲を超える負担を要求した場合。

改定日:2015年1月1日








株式会社イウチクリーニングに関する賠賞基準

本賠償基準は全国クリーニング生活衛生同業組合連合会「クリーニング事故賠償基準」に基づき作成

第1条 (目的)
本賠償基準は、当社がお客様からお預かりした商品の処理又は受け取り及び引き渡し業務の遂行に当たり、相当な注意を怠った事に基づいて法律上の損害賠償責任を負うべき場合に、迅速且つ的確な対応を行うための合理的基準を設定する事を目的とします。

第2条(定義)
本賠償基準において使用する用語は次の定義に従うものとします。
1. 損害
お客様からお預かりした商品の受け取り、処理及び引き渡しの過程において、当社の過失によって商品を破損、減失、または紛失した場合に、それによって生じた商品の再クリーニング代、商品の価値減少部分の填補費用、商品の再取得価格、その他通常発生する損害を言います。

2. 賠償額
前号の損害に対して当社が支払う賠償金の事を言います

3. 物品の再取得
当社の過失によって破損、滅失した商品と同種同等の商品を事故発生時に購入するために必要とされる金額の事を言います。

4. 平均使用年数
一般的に諸費者が当該商品を購入した時から、その着用をやめるまでと考えられる平均的な期間を言います。

5. 補償割合
商品についてのお客様の使用頻度、使用期間、保管状況などによる商品の品質低下を考慮して賠償額を調整するための基準を言います。

第3条(賠償額算定基準)
賠償額は損害の程度、範囲に拘わらず、商品の再取得価格に商品購入時からの経過月数に対応する補償割合を乗じた額とします。経過月数が不明の場合は、1年経過しているものと推定します。
賠償額は、特約があった場合を除き、次の方式によって算定します。
「賠償額」=「商品の再取得価格(事故発生時における同一品質の新品の市価)」×「商品購入時からの経過月数に対応して別表に定められる補償割合」*別表(1)(2)を参照

第4条(賠償額算定基準の例外)
商品を紛失した場合など、上記算定方式が妥当でない場合は、次の方式で算定します。
1. ドライクリーニングによる処理の場合 「クリーニング料金」×40

2. ランドリーによる処理の場合 「クリーニング料金」×20

第5条(賠償額の減縮)
1. お客様の過失が損害発生の一因となっている場合は、3割を下限、5割を上限として賠償額を減縮する事ができるとします。

2. 当社が賠償金額を支払うと同時に、事故商品を引き渡すときは、賠償額の5割を減縮する事ができるとします。

第6条(賠償義務の免除)
1. 当社が商品を預かった日から最大90日を過ぎてもお客様が受け取らず、且つ、これについてお客様の側に責任がある場合は、受け取りの遅延によって生じた損害については賠償責任を負いません。

2. お客様が商品を受け取った後、最大6か月、または当社が商品を受け取ってから最大1年(ただしクリーニングに通常必要な期間以上かかった時は、その経過日数を加算する)を経過した時は、本基準による賠償額の支払いには応じかねます。

第7条(事故賠償審査)
本賠償基準の適用について争いが生じた時は、申し出に基づいてクリーニング事故賠償審査委員会が判断を示します。

第8条(条項の変更)
当社は予告期間をおいて掲示する事で、本条項の内容を変更できるものといたします













このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトマップ


| HOME | 店舗紹介 | 料金表 | ご利用方法 | クリーニング工程 |

| 染み抜き技術 | 規 約 | Q&A | レビュー | 会社概要 |
 
全国宅配クリーニング せんたく屋太郎
株式会社イウチ
責任者:代表取締役 井内雅一
〒515-2602 三重県津市白山町二本木3839-29
電子メール: s.taro@ztv.ne.jp
電話: 059-262-3482 FAX: 059-262-6163